受付時間:[平日] 9:00~18:00(土日・祝日は定休日)TEL03-3759-3311

お問合せフォームへ

ホーム > 会社概要

会社概要

商号
東京通信機材株式会社
創業
1924年(大正13年)
資本金
4,500万円
代表者

代表取締役会長  澤登 良三
代表取締役社長  澤登 陽寿
本社




〒146-0093 東京都大田区矢口1丁目23番5号
TEL: 03-3759-3311
FAX: 03-3759-3638
E-MAIL: hp_mail-mail@totukizai.co.jp
URL: http://www.totukizai.co.jp/
白河工場


〒961-0835 福島県白河市白坂字大倉矢見11
TEL: 0248-28-2331
FAX: 0248-28-2003
グループ会社
TOTSU CO., LTD.(タイ法人)
主要納品先










東芝グループ
三菱電機グループ
日立グループ
キヤノングループ
パナソニックグループ
コニカミノルタグループ
山洋電気(株)
三菱重工業(株)
日油技研工業(株)
(株)小森コーポレーション
(株)東京機械製作所
関係会社
東富士電機(株)
JIS Q 9001 9100


認証番号 BSKA0246
認証日  2015年7月31日
適用規格 JIS Q 9100:2009 & JIS Q 9001:2008(ISO 9001:2008)

沿 革

創業














1924年(大正13年)
創業者 垣内 熊三郎
創業者 垣内 熊三郎
1924年(大正13年)

垣内製作所 発足(東京都品川区荏原中延町)
炭素粒等 製造
1944年(昭和19年)



(有)東京通信機材製作所 設立
資本金10万円
炭素粒、振動板、避雷弾器等 製造

澤登 幸寿 社長就任(2代目)

1953年(昭和28年)

東京通信機材株式会社に改組
資本金450万円に
1958年(昭和33年)
大橋 政雄 社長就任(3代目)
1960年(昭和35年)

東富士電機株式会社 設立
販売部門と製造部門を分割
1969年(昭和44年)


白河工場 創業開始
資本金1000万円に
電力ブラシ等 製造
1972年(昭和47年)
澤登 寿正 社長就任(4代目)
1975年(昭和50年)

通信用炭素製品 輸出開始
避雷弾器 1001号アレスター等 製造
1979年(昭和54年)
モールドスリップリング 開発
1983年(昭和58年)

一体型スリップリング 製造
その他、開発・設計・製造 本格的に開始
1986年(昭和61年)

VTR用接点Assy 本格的製造開始
資本金4500万円に
1988年(昭和63年)
避雷弾器 1001号アレスター 550万個生産へ
1992年(平成 4年)
VTR用接点Assy 1000万個生産へ
2000年(平成12年)
ISO9001 認証取得
2001年(平成13年)

澤登 良三 社長就任5代目)

2003年(平成15年)
ISO9001 認証(2000年版更新)
2004年(平成16年)
真空装置用 集電装置 開発
2007年(平成19年)
OPT スリップリング 開発
2009年(平成21年)
高周波スリップリング 開発
2010年(平成22年)
「はやぶさ」功労者感謝状 授与
2011年(平成23年)
航空宇宙産業展 出展
2012年(平成24年)

タイ工場 TOTSU設立
創業開始
2013年(平成25年)

アミューズ機用SR 36,000個生産
航空宇宙産業展 出展
2014年(平成26年)

創立70周年
PHSXE 購入
2015年(平成27年)

JIS Q 9100(本社サイト)認証取得
澤登 陽寿 社長就任(6代目)
本 社
白河工場
TOTSU CO.,LTD. (タイ法人)

経営理念

「挑戦と創造をもって、世の中に貢献し続ける」東京通信機材株式会社 代表取締役社長 澤登 陽寿

経営方針 2021 -5C-

挑戦 Challenge

最後の二択は困難な方を選ぶ

貢献 Contribution

社会に貢献するからこそ存在を認めてもらえる

創造 Creation

知恵をもって付加価値を創りだす

継続 Continuation

目的目標を達成し続ける

信頼 Confidence

信頼される製品であり企業である

品質/環境への取り組み

品質への取り組み

  • 本社サイト認証所得

環境方針

  • 環境に配慮した商品、サービスの提供及び開発に努める。
  • 省資源化、省エネルギー化、及び再資源化の活動に努める。
  • 環境マネージメントシステムを構築し、継続的改善及び汚染の予防を図る。
  • 環境関連の法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守する。

以上の事をかがげ、環境への取り組みを行っております。

RoHS指令への取り組み

RoHSとは

2003年2月に交付されたRoHS(ローズ)指令(電子・電気機器における特定有害物質の使用制限)では、2006年7月から欧州市場に納入される製品での鉛、六価クロム、カドミウム、水銀、特定臭素系難燃剤のポリ臭化ビフェニール(PBB)、特定臭素系難燃剤のポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)の使用が規制、実施されております。

使用半田

従来の鉛入り半田から、鉛フリー半田に移行しております。

ネジ類等の表面処理

従来使用していました、六価クロメート処理から、三価クロメート処理された物に移行しております。

その他の禁止物

特定臭素系難燃剤のポリ臭化ビフェニール(PBB)、特定臭素系難燃剤のポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)、
水銀(Hg)は、使用しておりません。